• 堀川遊覧船夜間運航 (大手前乗船場 ⇔ ふれあい広場乗船場)
    堀川遊覧船
    遊覧船に乗ってお堀端の行燈や情緒的な塩見縄手のライトアップを船上から楽しめます。移動手段としても便利です。
    水燈路特別コース (土曜・日曜・祝日限定運航、大手前~ふれあい広場、片道 20 分) を運行します。
    ご予約 TEL. 0852-27-0417
    【料金】片道大人 800 円、小人 400 円、貸切船一隻 8,000 円 (要予約)
    【期間】メイン開催日 14 日間

  • 国宝松江城 天守夜間登閣
    天守閣
    国宝となった松江のシンボル松江城。全国で現存する 12 天守のうち、唯一の正統天守閣とも言われています。水燈路期間中は、夜も天守へ登閣することができます。
    【料金】大人 670 円 / 子ども 280 円
    【場所】松江城 本丸(受付 20:30 まで)
    【期間】メイン開催日 14 日間

  • 国宝松江城天守夜間特別茶席  
    国宝松江城天守最上階の「天狗の間」にて特別なお茶席を開設します。松江市内の夜景をご覧いただきながら抹茶と和菓子をいただけます。
    【期間】メイン開催日 14 日間18:00 ~ 20:00
    【料金】一席 700 円 ※数量限定、予約不可
    【場所】天守最上階
    ※ 9 月 24 日 (祝・月) は観月会のため実施いたしません ※別途登閣料が必要となります。

  • 水燈路公式グッズ直売所
    手ぬぐいスマホケース
    手持ちのかわいいミニ行燈や水燈路オリジナル柄のグッズ等の販売をします。
    この行燈の収益のうち一部は、協賛金として今後の運営のためのろうそく代とします。
    今後も秋の風物詩として存 続させるためご協力ください。
    来場者アンケートに協力いただくと「ご縁のしずく」キャンドルプレゼント (数量限定)
    【場所】大手前駐車場
    【期間】メイン開催日 14 日間

  • 水燈路宵屋台
    宵屋台
    【場所】松江城大手前駐車場
    【期間】メイン開催日 14 日間

  • 堀川遊覧船夜間運航 (大手前乗船場 ⇔ ふれあい広場乗船場)
    堀川遊覧船
    遊覧船に乗ってお堀端の行燈や情緒的な塩見縄手のライトアップを船上から楽しめます。移動手段としても便利です。
    水燈路特別コース (土曜・日曜・祝日限定運航、大手前~ふれあい広場、片道 20 分) を運行します。
    ご予約 TEL. 0852-27-0417
    【料金】片道大人 800 円、小人 400 円、貸切船一隻 8,000 円 (要予約)
    【期間】メイン開催日 14 日間

  • 夜きつね縁日 ~シオミナリエ @ 光のスポーツストリート~
    「光るサッカーボールでストサカ」「光るシャトルでバトミントン大会」「光るけん玉ワークショップ」開催。
    屋台は大人気!きつねのお面づくりや飲食、ピアノ演奏等あります。
    詳細はフェイスブックで「松江お堀端美観地区・結びの会」で検索
    【場所】塩見縄手
    【期間】メイン開催日 14 日間18:00~21:00

  • 塩見縄手周辺のお店 
    塩見縄手周辺のお店が、水燈路期間中だけ、夜も営業しています。
    ※都合によりお休みになるときもあります。
    【場所】塩見縄手
    【期間】メイン開催日 14 日間

  • 丸山珈琲 特別出店【お福分け珈琲】
    ワールドバリスタチャンピオンシップ 2017 を前に道開き祈願に松江佐太神社を参拝。
    見事、世界第二位に輝いたお礼参りを込めた【お福分け】企画
    【日時】 10 月 27 日 (日) 18:00 ~ 20:30
    【場所】知事公舎
    ※大手前にて整理券販売

  • 松江堀川地ビール館 1 階売店
    水燈路期間中は、夜間も営業しています。地元特産品をはじめとするお土産コーナーでは、様々な松江土産が勢ぞろい。松江の地ビール 5 種類が生で楽しめる地ビールカウンターも。
    【場所】松江堀川地ビール館
    【期間】メイン開催日 14 日間

  • 小泉八雲記念館
    水燈路期間中は夜も入館できます。怪談作家として知られる小泉八雲の生涯や作品の展示。ライブラリーやホール、ミュージアムショップを兼ねた施設です。水燈路期間中は小泉八雲の妖怪行灯がお出迎え !
    現在はラフカディオハーン渡米 150 年記念企画展「ハーンを慕った二人のアメリカ人」を開催中。
    【料金】大人 320 円 (水燈路割) / 中学生以下無料
    【場所】小泉八雲記念館
    【期間】メイン開催日 14 日間

  • 田部美術館
    田部家 23 代に渡って伝来してきた調度品を展示。不昧公の愛蔵品や公自らの作品をはじめ出雲地方の美術工芸品が多く含まれています。
    ※ 10 月 19 日 (土)、20 日 (日) のみ夜も入館できます。
    【料金】620 円
    【場所】田部美術館